スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BULUESはJAPANじゃなくCHELSEAだ

昨日、パリスからブリュッセルに寄りつつロンドン入りしました。 今朝は宿から二駅先のフルハムブロードウェイという場所にあるチェルシーメガストアに散歩がてら行ってみたら、当日券が売ってたので、昼の12:45からチェルシー‐トットナムを観戦してきました! プレミアは独特のいい雰囲気でした。今日のスタンフォードブリッジでは、かつてのスター選手PeterOsgoodの追悼試合ということで往年の名選手勢揃いでセレモニーがあったりしました。 試合は2-1でチェルシーがホームで勝点3。 エッシェンのゴールで先制するも前半最後に追い付かれて後半も押される展開。途中投入のドログバのシュートがポストに弾かれたりと引分濃厚のロスタイムに、ギャラスが決勝ゴール。なんとも劇的な幕切れでした。 押されていても最後には勝つという首位を独走する強いチームならではの戦いっぷりでした。 プレミアの当たりの激しさ、ショーン・ライト・フィリップスの驚愕のスピード、ランパードがさすがなプレーを連発したのと、DFのときのラインのシステマチックな動き、クレスポ、ドログバ、ダフら豪華攻撃陣のあうんの呼吸な動きの連動に酔い痴れました。あと、スタメンにフート。ボール持つとドイツ代表のように「フーッ」って言われてました。プレーはけっこう電柱でした。 あとトットナムにダービッツがいて、なかなか憎らしいプレーをしたので、後半苦戦の要因になりました。 意外とチケット手に入るもんですね。今回6試合も観れましたが、バルサチェルシー以外は総て定価で購入です。 あと、明日のアーセナル‐リバプールはさすがに観れないけれど、今シーズン限りのハイバリーに行ってきました。外観しか見れないけど、90年間アーセナルのホームとして使われてきた味のあるスタジアムでした。
スポンサーサイト
* COMMENT *

コメントありがとうございました。
きれいな写真ですね。
さっそくTBさせていただきました。

私もその試合を見ていました!

初めまして。
私もその試合を見ていました!
トラバしてみましたがうまくできなかったようなので、よろしければ
http://blog.goo.ne.jp/wonderthunder/e/d2d0b58bf4158934055f6fcc948e3d34
を見にいらして下さい。
よろしくお願いいたします。

* コメントの投稿 *

管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。