スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルサチェルシー

Tribunaというメインスタンド二階で観れました! ダメ元で朝七時から並んでも結局当日券が出なかったので、本当にダフ屋頼みになりました。イギリス人が1000ユーロで買ってるから相場が500とか言ってたからビビりましたが170で開始前に入れました。ダフ屋と交渉してる最中もガラス瓶の割れる音や遠くで爆竹が破裂する音がして警察が出動してるような状況で、けっこう危険でした。開始後の値崩れを狙うのもありでしたが、売り切れそうな感じだったのとチャンピオンズリーグのアンセムが見たかったので、15分前くらいから聞いた中で一番安いと思われるソシオのカードを余らせてるガキ(高校生ぐらいか)をキープしておいて170までまけさせました。そいつは200と言い張り、俺は一応320用意してたけど170しか持ってないんだと言い張り、実際まけたのはそいつの友達です。で、入場はその友達のお爺ちゃんのソシオカードだったためチケットは手元に残りません…。 席に着くと同時にバルサの応援歌→アンセムとなり絶妙なタイミングでした。 カンプノウは約10万の超満員でスタジアム中が一体となって熱狂の渦でした。 試合結果はスコアはドローですが内容はバルサの完勝でした。モウリーニョがベンチ前に出てくると大ブーイング。ロナウジーニョが決めたあとはモウリーニョを馬鹿にする歌が凄かった。 メッシが削られて早々にラーションに変わりましたが、ラーションがキレキレでした。チェルシーはドログバ、ダフに代えて、グジョンセン、クレスポを投入しますがクレスポが決定的なシュートを外したりで、最後はフートを前線に入れてのパワープレーも実らず、ランパードのPKのみでした。 帰りはチェルシーサポが暴れるとやばいから終了後速やかに宿に帰りましたが、地下鉄の中でチェルシーサポとバルササポが喧嘩を始めたりで、無事に宿に帰りつけてよかったです。 なんか、超穴場情報でカタルーニャ広場という誰もが行くであろう中心の広場の地下の売店で実は一昨日の朝まで普通に売っていたそうです。別にチケット売場な雰囲気は出してないみたいですが。今度バルサの売切確実なカードを観に行かれる方は覗いてみる価値はありそうです。
スポンサーサイト
* COMMENT *

生でした。

マジ凄まじかったです。
一生忘れません。

CL生観戦かよ!すげーな!

* コメントの投稿 *

管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。