スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#592 愛すべきクラブ

昨日、深夜に何気なくテレビをつけたら馳星周と金子達仁が対談をしてて、
しかもサッカーネタときたので、そのまま見た。

この番組↓
馳星周のスペインサッカー熱狂の裏側~サポーターよ熱くなろうぜ!~

馳が言ってたんだけど、「ツネ様や大黒様のファン=ガンバファン」ではないのだ。
日本ではサポーターのかなり大部分は、人気選手のファンであっても、真にそのクラブのファンではない。
馳の言うことは相変わらず過激だと思うけど、これに関しては「確かに。」と思った。
俺が常々ウザイウザイと思ってる、代表戦だけ盛り上がってる奴ら。
そして、もっと最悪なのは、ワールドカップの時だけ盛り上がる奴ら。
確かにミーハーでしかない彼らのもたらす経済効果は計り知れなく、実際それに救われてる面もあるけれど、それだけでは日本代表は強くならないんだ。
そう思う。

頑張ったからよかったじゃないか。とか。
プロなんだから、それで片付けてはダメだと思う。
もう初出場でもないし、3度目なんだから、そういう綺麗事で終わってしまう段階は過ぎたと思う。
ま、どうせ来年マスコミはそういうテンション出しまくると思うけど、それに騙されてはダメなのだ。

いちサポーターとして、愛すべきクラブに対する姿勢がクラブの強弱を決めるのだ。
俺も応援しながらも、時には厳しく、そんな立場を取っていきたいと思う。
俺がサッカーを見だす大きなきっかけの一つとなった澤登正朗という偉大な選手が引退しても、俺はずっとエスパルスを応援していくだろう。
これはサポーターとしては当然であるし、サポーターというのはそうあるべきだと思う。
そういう文化が根付いていけば、自ずと日本サッカーは強くなるでしょう。

みんなもそうしていこうぜっ!!


えっ!?
愛すべきクラブがないって!?

そんなのは論外ですね。

そんなつまらぬLifeでよろしいのか?


スポンサーサイト
* COMMENT *
* コメントの投稿 *

管理者にだけ表示を許可する

* トラックバック *


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


馳星周よ

昨日の夜中、やべっちFCが終り[http://www.sut-tv.com/spainsoccer/ この番組]を見ていた。馳星周って何者?って単なる作家である。そのサッカがサッカーについて偉そうに語りはじめた。バルサのソシオ制度についての話題だ。サポーターの声がクラブに反映される。なかな


 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。