スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#689 パジェロ

20070409230523
現場車がライトバンじゃなく、パジェロです。 馬力あるけど、車高が高いから乗り慣れないと変な感じね。 さすが山だね。
スポンサーサイト

心配かけてます

会社です。日曜日だけど。 昼休みです。 仕事は面白いけど、体はかなりキツイです。 最近、いろんな方面に相当心配をかけてますが、なんとか俺は頑張ってます。 夢とかあるので、やめるわけにいきません。 よろしこ。

こんなとこ

20060429094207
で働いてます。 勤務中に何しとんじゃ。と。

すごい強風ですね。

そんな中、吹っ飛ばされそうになりながら駅まで辿り着きました。 これから、長野帰ります。 今週は実家から車持ってきて引越ですよ…(>_<)。

味スタ

20060318133244
別に海外サッカー観たけど、Jも観ますよ。 こんな安く安全に観れるリーグがほかにあるでしょうか。

きたね。

20060317004120
これ。

時差ボケが

治るまでにはまだ時間がかかりそうです…。

帰国しました。

成田に着いたら、なんだか虚しくなりました。 危険なところにも行きましたが、何も取られず無事に帰ってきました。 あと、けっこうドミトリーに泊まったので外国人と交流できました。大事な経験でしょう。 英語はかなり怪しいですが、物を買ったり、空港やら駅などでは特に困ることはありませんでした。しかし、会話力というかコミュニケーション能力のなさにショックを受けた。正直情けなかった。外国人と深い話があまりできなかった。簡単なことならわかるけど、難しいことを言われるとわからないし、こっちの考えていることを全然伝えられなかった。 そのあたりをなんとかしなければ、世界標準には到達できないです。 今、困ったことに、妹の家のネットが使えねーの。 ADSLの工事完了してるはずなのに…。

いよいよ帰国。

長かったようで短かった旅もいよいよ終わります。 すごくリフレッシュできた気がします。電車が遅れてミラノで最後の晩餐が見れなかったことと、食当たりに遭ったことを加味しても、総合的には最高の旅でした。 セリエAを2試合。ブンデスを1試合。リーガを1試合。プレミアを1試合。そしてCLのバルサ‐チェルシーを観れたんですから。 これからヒースローからコペンハーゲン経由で帰国です。 お家に着くまでが遠足ですね。

BULUESはJAPANじゃなくCHELSEAだ

昨日、パリスからブリュッセルに寄りつつロンドン入りしました。 今朝は宿から二駅先のフルハムブロードウェイという場所にあるチェルシーメガストアに散歩がてら行ってみたら、当日券が売ってたので、昼の12:45からチェルシー‐トットナムを観戦してきました! プレミアは独特のいい雰囲気でした。今日のスタンフォードブリッジでは、かつてのスター選手PeterOsgoodの追悼試合ということで往年の名選手勢揃いでセレモニーがあったりしました。 試合は2-1でチェルシーがホームで勝点3。 エッシェンのゴールで先制するも前半最後に追い付かれて後半も押される展開。途中投入のドログバのシュートがポストに弾かれたりと引分濃厚のロスタイムに、ギャラスが決勝ゴール。なんとも劇的な幕切れでした。 押されていても最後には勝つという首位を独走する強いチームならではの戦いっぷりでした。 プレミアの当たりの激しさ、ショーン・ライト・フィリップスの驚愕のスピード、ランパードがさすがなプレーを連発したのと、DFのときのラインのシステマチックな動き、クレスポ、ドログバ、ダフら豪華攻撃陣のあうんの呼吸な動きの連動に酔い痴れました。あと、スタメンにフート。ボール持つとドイツ代表のように「フーッ」って言われてました。プレーはけっこう電柱でした。 あとトットナムにダービッツがいて、なかなか憎らしいプレーをしたので、後半苦戦の要因になりました。 意外とチケット手に入るもんですね。今回6試合も観れましたが、バルサチェルシー以外は総て定価で購入です。 あと、明日のアーセナル‐リバプールはさすがに観れないけれど、今シーズン限りのハイバリーに行ってきました。外観しか見れないけど、90年間アーセナルのホームとして使われてきた味のあるスタジアムでした。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE

|TOP|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。